会社を設立するときには、定款を作成して政府から認証してもらう必要があります。

定款の書類を発行するためには4万円の印紙代が必要になるのです。そういった経費を削減するためには、電子定款の作成や申請を代行してもらうのが良い方法になります。

従来のように書類で定款を申請すると、作成するのや認証するのにコストと時間がかかってしまうのです。しかし会社を設立する場合はなるべく時間やお金をかけないで設立して、すぐに事業をスタートさせたいというのが実情になります。電子定款を作成するためには、専用のソフトや機器を用意することが必要です。

専用のソフトや機器を最初から所持していれば問題ないのですが、所持していない場合、会社を設立する場合に発行する電子定款は、特に電子定款に内容の変更が発生しない限りは1回しか作成する機会がありません。

専用のソフトや機器を購入して用意する経費を考慮すると専門会社に代行してもらった方が、コストの削減になると考えられるのです。

専用のソフトや機器を買うのにかかるコストと、代行してもらう報酬料を支払うのとでは、金額にそれほど違いはないため、専門家に電子定款の作成と申請を代行してもらうのか良い方法になります。

専門家である司法書士や行政書士に依頼をすると、会社を立ち上げるときの相談にのってもらえたり注意点についてアドバイスを貰ったりすることが出来るようになるのです。

定款を申請してから修正や変更するようなトラブルを事前に防ぐことが可能で手間もかからないため、そういった面を考慮すると利用するのがおすすめの方法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *