株式会社や合同会社といった会社設立にあたっては定款を作成する必要があります。

この定款は以前であればすべて紙ベースのものでしたが、現在では法律が改正されたことによって、電子定款と呼ばれる方式での作成も認められています。

電子定款には固有のメリットがありますが、よく指摘されていることとしては、紙の定款よりも費用がかからないことが挙げられます。

紙の定款は印紙税法における課税文書にあたるため、収入印紙を貼り付けなければならず、その費用がかかります。逆に電子定款であれば収入印紙を貼る必要がないので費用の節約効果が期待できます。

このような電子定款を作成するにあたっては、いくつか注意したいことがあります。たとえば筆記具で署名する代わりに電子署名をすることになるため、あらかじめ電子証明書が入った個人番号カード交付してもらうことが必要です。

ほかにも文書を電子的なPDFファイル形式で作成するにあたり、パソコン用の無料のPDF作成ソフトがないわけではありませんが、電子署名に対応できるものとなれば、実質的に有償のソフトに限定されてしまう点です。

実はこのソフトや個人番号カードを読み取るリーダーという機器を買い揃える費用がかかるため、行政書士などに作成を依頼してしまう方法もよく行われます。

この方法であればみずからソフトを買わずとも電子定款を作成することができ、しかも面倒な手間もかかりませんので、報酬を支払ったとしても逆に結果としては安価なことがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *