会社を設立する場合は、書面による定款を作成するか電子定款を作成するかによって、署名に方法も違ってきます。

書面による定款を作成するときには、発起人全ての印鑑証明書を提示する必要がなり、役員に就任する予定の人物に、就任する意思があるか確認することが必要です。

そして就任承諾書に設立する会社に就任する人の署名と捺印をして登記する申請を行う場合に提出します。書類の定款は全ての発起人の捺印がされていなければいけません。

Category : インターネット, ビジネス, 会社設立

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *