会社を作るときには必ず会社の憲法とも言われている定款を定めなければなりません。

これは会社法の法律に違反することなく定めることが基本で、株式会社の場合は定款を作成するだけでなく公証役場で定款認証を受けなければなりません。

定款認証は従来紙の定款のみ認証手続きが可能になっていたのですが、パソコンやインターネットの普及により電子定款認証でも可能になっています。

ちなみに、電子定款と聞くとワードで作成した電子データの定款などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、電子定款は電子署名および電子証明書を追加し、それを公証役場で定款認証手続きを行うことが出来る状態を意味します。

ワードで作成した定款も電子データですから電子定款などのイメージを持つ人も多いのですが、このデータでは誰が作成したのかが分かりませんし、定款は会社の憲法など、重要な公的書類などからも作成者を明確にする目的で、電子署名と電子証明書の追加が必要不可欠です。

電子証明書や電子署名は実印の印鑑証明書のようなもので、この定款を作成したのは電子署名や証明書に記されている人物であることを証明しているわけです。

尚、電子定款の認証手続きは公証役場に出掛ける手間を省けるなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

定款認証を受ける時には出掛ける必要はありませんが、認証手続きが終えた後は、定款のデータを公証役場に出向いてメモリーなどに保存して貰う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *