会社を設立する場合に、定款を書面で申請するか、電子データで申請するかを決めてから作成するのが良い方法です。

今現在の主流となっているのは電子定款なため、電子定款を作成するのに必要となる機器について前もって知っておくことが必要になります。

カードリーダーはマイナンバーカードに格納された電子証明書のデータを読み取るためにICカードリーダライタを用意することが必要です。

値段は、およそ2千円ぐらいで買うことが可能で、自治体によっては、マイナンバーカードを作成するときに無料で支給している場合もあるため、設立する会社を管轄する自治体に問い合わせるのも良い方法になります。

ICカードリーダライタは公的個人認証サービスに適応している機種を選んで買う必要があるため、買う前に対応しているかどうか予め確認をしておくのが良い方法です。

マイナンバーカードは電子証明書のデータを読み取ることが出来るようになっています。そして、マイナンバーカードに対応していない機種のICカードリーダライタのドライバはいつも最も新しいバージョンに更新しておくのが、おすすめです。

更新しておくことによってマイナンバーカードに対応出来るようになる可能性があるからです。ICカードリーダライタは電子定款を認証することが出来る上に確定申告や申請、納税、届け出も出来ます。

マイナンバーカードとICカードリーダライタがあれば、公的な手続きが一通り可能なことがあるため持っておくと便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *