電子定款認証手続きは専用のソフトウェアやICカードを読み取る時に利用するカードリーダーなどの設備が必要になります。

これらを買い揃えるとなると費用が発生する、印紙税の節税が出来ても設立費用に負担が掛かることもあります。また、電子証明書の交付を受けるために役所に出掛けるなども必要になりますので、紙の定款で公証役場に持ち込んだ方が便利と感じる人も多いのではないでしょうか。

紙の定款の場合は、原本が紙媒体になりますが、電子定款の場合は電子データが原本になります。定款を変更する時には原本を修正する必要はありませんが、定款は会社の重要な書類でもあり、大切に保管しておく必要があるものです。

そのため、紙ではなく電子媒体で保管が出来る方が後々のことを考えた場合にはメリットが大きいと感じる人も多いようです。

電子定款認証手続きを終えた後は、認証済みデータを公証役場に出掛けて受け取ることになりますが、これらすべてを代行してくれるのが行政書士による会社設立代行です。

代行業者に依頼をした時には報酬が必要になりますが、行政書士による書類作成や申請手続きすべてを一任出来ますし、定款作成段階での様々な相談やアドバイスを貰えるメリットは大きいと言えましょう。

また、電子定款認証手続きを中心に行っているので、電子媒体での保管が出来る、手続きに掛かる時間の節約も可能です。

特に、自分で電子定款認証手続きを行った際に、何度かやり直しをしなければならないことを考えると、大幅な時間節約に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *