電子定款とは一体なんでしょうか?会社設立には定款の作成が必要です。

定款とは、会社を運営していくにあたり、基本的な規則を定めたものです。例えば、事業内容・会社所在地・商号(会社名)・発起人の氏名住所・発行可能な株式総数などの事項についてそれが該当します。このように、会社設立の際に必要な重要な書類など、大切な事項を定款上で規定します。定款には印紙代4万円がかかりますが、電子定款をすることで印紙代4万円が不要になります。印紙税は、紙に書かれた文章などに対して課税される税金のことを言います。

電子定款は紙ではないため、印紙税法で非課税となります。そのため、印紙代4万円が実質0円になります。電子定款は、MSワードなどで作った定款書類をPDFファイルに変換し、電子署名を行い法務省オンライン申請用総合ソフトを用いて申請を行います。電子定款は確かに印紙代4万円を節約することが出来ますが、作成する時電子証明書の発行費用や専用ソフトの購入などのコストで6万円から7万円のお金がかかってしまいます。

通常この作業は行政書士や司法書士に依頼して行う作業です。そういった会社設立に関する手続きや作業は自分自身でやれないことはありませんが、その道のプロである方々に依頼したほうが最終的には安く済ませることができるケースが多いです。このようなプロの会社設立の代行業者に依頼すると、非常に早く手続きや書類作成などを行ってくれます。そのため1日~7日前後には会社を設立することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *