定款とは会社を設立するときに必ず必要になるものです。

これには会社の経営や運営の目的、基本的な決まりなどを記したものです。以前は定款は紙面で提出しなければいけないとされていましたが、最近ではPDFデータでの提出も可能になりました。このPDFで作られた定款を電子定款といいます。ではどのようにして電子定款を作ればよいのでしょうか。最初は紙面で作る方法と同様に、必ず必要な事柄を確認します。事業目的や商号などです。

それができれば電子化にうつります。まずは必要なソフトをパソコンにダウンロードします。いろいろなソフトがありますが「AdobeAcorobat」は、PDF化の方法と電子署名の入れ方のやり方ガイドがついているのでおすすめです。ソフトの準備ができたら定款に電子署名を入れていきます。これにはPDF署名プラグインと法務省の申請用総合ソフトをダウンロードします。

さらに電子証明書をつくるためのソフトダウンロードします。これを使いICカードリーダーをパソコンにつなぎ、マイナンバーカードを読み込みます。そのようにして電子署名を入れることができれば電子定款の作成は完了です。パソコンに精通している方は手順さえ分かれば比較的簡単に行えると思いますが、不慣れな方はしっかりと方法や手順を確認してから行いましょう。会社の大切な書類になりますので、会社設立の手続きを円滑にすすめるためにもしっかりと心得ておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *