定款とは会社設立時に必ず作成しないといけないもので、会社の活動内容やその目的や組織としての基本的な規則を記載したものです。

書類で作成する事もできますが、電子化して作成する事も可能です。書類であっても電子化されたものでも株式会社の場合は認証を受ける必要があります。電子定款の場合は書類の定款と違って収入印紙を貼る必要がないので、印紙代の4万円の費用がかからない事が大きなメリットです。電子定款を作成するには作成した内容をPDFファイルに変換して電子署名を入れていきます。

これを行うのは専用のソフトウェアなどが必要になってくるのと正しい方法で作業を進める必要が出てきます。会社を一つ設立する為だけにソフトウェア等を全て用意しているとコストが割高になります。また作業自体も慣れていないと時間がかかったり、後で修正が必要になる事も珍しくありません。そこで自分で電子化を行わずに専門の業者に依頼して電子定款を作成する方法もあります。

電子定款の作成を代行してくれる業者では定款自体の作成もサポートしてくれる業者が多いので、定款の作成の段階から手助けしてもらうとスムーズに作業が進みます。特に認証を受ける必要がある場合はやり直しにならないように定款の内容を決めていく段階からプロのサポートを受けた方が効率が良いです。電子定款の作成を代行またはサポートしてくれる業者はいくつもありますが、料金等の条件はそれぞれ違うので比較して選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *