会社を設立する際の手続きの1つとして、「定款」の作成があります。

定款とは、会社を運営していく上での決まりごとを定めたもので、自ら事業を行う際は必ず提出しなければなりません。自分の会社の決まりごととはいえ、自由気ままに定めてよいものではなく、「会社法」と呼ばれる法律に基づいて決まる必要があります。もともと定款は紙に記載して提出するものでしたが、現在ではPDFファイルでの提出も認められるようになりました。

一般的に「電子定款」と呼ばれており、作成のためにはいくつかのプロセスを踏む必要があります。まず、電子定款は自分自身が作成したものであると「証明」出来なければなりません。そのために必要なものが「電子証明書」です。電子証明書は「マイナンバーカード」に標準で搭載されており、住民票の住所に記載の自治体窓口へ行き、手続きを行うことで利用が可能です。電子定款を作成する前に、電子証明書の準備を必ず行っておきましょう。

電子定款の作成方法は、基本的には紙で作る際と同じです。定款には事業の目的や商号など、必ず記載しなければならない項目があるため、作成の際は十分注意する必要があります。定款が完成したら、これを電子化する作業を行います。電子化の前に、定款の内容に誤りや不足がないかを公証役場に確認してもらうと良いでしょう。内容に問題がなければ、専用のソフトを使い、電子定款に電子署名を入れます。これで、定款の作成は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *