バナー

株式のための証券口座の比較について

株取引を行うのであれば何らかの形で証券口座を開設しなくてはなりません。
証券口座は証券会社に申し込むことで開設することが出来ますが、個人で気軽に投資を行うことを考えているのであればインターネットで取引を完結することが出来るネット証券の中から比較して選ぶようにするのが良いでしょう。

証券会社はどこも同じであると考えている人も少なくありませんが、現実的にはそれぞれに特徴があるのです。



そのため自分にとって津秋安い証券会社を見つけてサービスの利用につなげるのが良いでしょう。

そんな証券口座の比較方法としては、まず第一に手数料の金額が挙げられます。



手数料は安ければ安いほど良いものであると言えますが、主に株取引を行う際に一定の仕組みで課されるのが一般的です。この手数料は税金の類ではありませんので何らかの取引を行うたびに支払わなくてはなりません。
もしも激しく取引を繰り返すデイトレードを行う予定があるのであれば一回当たりの取引手数料が安い証券会社、あるいは複数階トレードを行っても定額で済むというサービスを提供している証券口座を開設するのが良いでしょう。

また取り扱い商品の内容で比較をするのも良いでしょう。



特に新規上場の際に公募されるIPOの取り扱いが多い証券会社は非常に魅力的に映ります。

新規上場の株式は大きく値上がりする可能性が高いため、株式投資をする人の注目が熱いという特徴があります。


しかしこの新規上場の株式の割り当ては平等ではなく、特定の証券会社に偏るのです。